ちゃんと憶えているよ その2

今日で小豆が家族になって丸っと6年が経ちました。

小豆が我が家に来た初日です。

まだ700gくらいです、怯えています。

小豆初日

少しずつ小太郎爺さんに近づき、小太郎も受け入れてくれました。

小豆と小太郎爺さん

小太郎と小豆はとっても仲良しでした。

小太郎によく絡んでいましたが、小太郎が具合悪くなってからは近くで見守るようになりました。

小太郎が亡くなって寂しかったのは私より小豆だったかも 

小豆&こた

チャームポイントはお鼻の横の黒ポッチとパッチリお目目と柔らかくつやつやな毛です。

逕サ蜒・064_convert_20110114155902

小豆は大福君(元茶福豆)と同じ深川保健所から来ました。

福ちゃん4

保健所にいたこの子達も今は大切な家族だね。

みんな幸せになれたらいいね。
スポンサーサイト
     

夢二

名寄保健所から保護した『夢二』

雄、年齢2歳から4歳くらいではないかと。

夢二1

鼻に傷跡があります、捕獲されるときにでも暴れたのでしょうか、お外にでも行って喧嘩でもしたのでしょうか?

飼い猫?だったようです。

飼い主が亡くなったとか、近所から苦情が出たとか・・・はっきりしません。

保健所の方には可愛がられていた印象を持ちました。

一か月以上お世話してたんだから情も沸くだろうなと思います。



爪とぎを入れると数分で破壊しました 

夢二2


紅 「ひょえーお前何者だ~

こんな『夢二』ですが病院では石のように硬くなっています。

こんな『夢二』ですが体重4.6㎏ほとんどが顔の重さでしょうか、体は細マッチョです ( *´艸`)

こんな『夢二』ですが、ゴロゴロスリスリするんですよ。

こんな『夢二』ですがお察しの通り食いしん坊です。好き嫌いはありません。

去勢手術終了しました、ワクチンはシルバーウイークが終わった頃に予定しています。

血液検査では内臓には異常ありませんでした。

猫エイズ陽性ですが人間には移りませんし猫同士も血みどろの喧嘩をしないと大丈夫です。

大きな顔の猫が好きでエイズでもいいよって言ってくれる人いないかな~。






     

福ちゃん

大福君(元茶福豆)の里親さんから幸せ報告が届きました(*^▽^*)

『福ちゃん』と呼ばれているそうです。

福ちゃん

いや~ん可愛い( *´艸`) とっても幸せそう。

昼間は甘えん坊、夜は暴れん坊でちょっと寝不足気味の里親さんです。

でも福ちゃんの事とっても可愛いって( *´艸`)

私もそう思います( *´艸`)

福ちゃんの事よろしくお願いします<(_ _)>







     

三匹のお迎え

妊婦猫のお迎えから一週間後、今度は名寄保健所に三匹のお迎えに行ってきました。

すでに、収容期限が切れていた三匹。

『まるやんさん』と「どうする、どうする」と相談して手分けして三匹を保護することが出来ました。

朝4時半頃おにぎり一個を持ち出発  

女の子はEさん保護。妊娠疑惑有り 

名寄猫1

男の子、まるやんさん保護、『トム君』とっても小さな声で鳴きます。

名寄猫2

男の子、私の保護猫、『夢二』保健所では『ジャンボ』と呼ばれていました。

確かに、顔がジャンボです 

名寄猫3

14時半頃札幌に戻り、女の子をEさんにお届け。

15時頃に自宅に戻り16時に男の子一匹づつ動物病院へ。

なんと、二匹ともエイズ陽性でした。

気長に里親さんを探します。



今回、持参したおにぎりが一個なのは名寄の道の駅か剣淵の道の駅で何か食べようと考えたからです。

あっ、興味なかったですか?

とりあえず、名寄の道の駅で食べたパンケーキ。

名寄パンケーキ

女の子っぽいでしょ (#^.^#)

この三匹が保健所に持ち込まれた経緯は良くわかりません、保健所の方ははっきりおっしゃらないから・・・。

とにかく疲れました。




     

ちゃんと憶えているよ

二年前の9月1日は蔵ちゃんが我が家の子になった記念日です。

蔵 「忘れたのかと思ったにゃ 

紅 「忘れるわけないじゃん、ちょっと忙しくてさ 

二年目の蔵ちゃん

小豆 「私だって今月が記念日だにゃ」

紅 「確か・・・2009年9月21日だよ」

アズちゃん

小倫 「蔵之介くん、君、ワクチンだにゃ」

小倫オンザキャットタワー

蔵 「えっ?」

えっ?
     

妊婦猫さんのお迎え

茶福豆君を里親さんに届けた夜、里親探しに協力をしてもらった.『まるやんさん』にメールで報告。

すると折り返し電話が掛かって来た。

何処の保健所も保護猫で一杯らしい、北見市には妊婦猫さんがいるっていう話。

その妊婦猫さんの保護を希望している人がいるみたい、でも迎えに行く人がいない・・・。

なら、私が行きましょうと名乗らせて頂きました。

妊婦猫か・・・いつ生まれるんだろう?もしかして運んでいる途中で生まれたりして・・・なーんてことを考えながらも

折角遠出するんなら温泉でもと考え、早朝から日帰り入浴できる施設を検索して早朝4時におにぎり2個もって

出発

7時半に到着したのは愛別町にある『協和温泉』

協和温泉

女湯には誰もいませんでした。

ちょっと懐かしいような、洒落た作り。

協和温泉1

温泉なのはこの浴槽だけ、一人で入るには余裕、二人はきついよ。

炭酸泉だけど良くわからなかったのでコップに注いで見たらシュワシュワしてました。

協和温泉2

入浴後は車内でおにぎりにかぶりつき、層雲峡、石北峠を超え北見市にはいりました。

運転中見知らね番号から着信、そして『まるやんさん』からメール・・・。

運転中につき中々内容を確認できぬまま目的地に到着。

見知らぬ着信番号にはかけませんが保健所の方だったみたい。

『まるやんさん』のメールだけ確認

「どうする?」

「え? 何が・・・」と『まるやんさん』に電話して確認

何と妊婦猫生まれそうとの事・・・。

ここに置いておいてもしょうがない、というより置いておきたくない環境。

予定通り連れて帰ることにしました。

札幌まで生むなよと願いながら丸瀬布(まるせっぷ)から高速に乗りましたが、途中で鳴かなくなった 

確認したくても運転中、やっとPAがあり確認すると一匹目生まれた~

ママ猫一生懸命仔猫を舐めてあげていました。

感動 初めて見ました猫の出産。

『まるやんさん』にメール、とにかく走るから保護主さんに連絡してもらいあと二時間くらい着くからと

保護主さん宅に着いた時は4匹生まれていました。

まだ陣痛が来ているみたい、あと何匹生まれるんだろう?

と思いながらもかなり疲れた、肩や背中、腰が痛い、お腹も減った。

ガソリン代を頂き帰路に着きました。

妊婦猫の写真写す暇ありませんでしたので保健所の方に頂いたポスターをパシリ 

こんな猫さんです

北見妊婦猫

可愛いでしょう 

無事にお届け出来て良かったです。

また貴重な体験もさせて頂きましたよ。

母娘ともども元気に過ごしてほしいです。

保健所には保護動物の保管期限があります保護動物が多いと押し出しもあります。

職員さんだって殺処分したいわけではないのです。

殺処分なくなりますように。






プロフィール

Author:紅子☆デラックス
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR