湯宿だいいちの食事

新しい食事処、お洒落です。

でも以前の所も好き  っていうか以前の所のほうが好み

ここは朝食が某雑誌で高得点を獲得していました。

朝食は手作りで品数も多く美味しい。

お餅つきもありお雑煮やお汁粉きな粉餅もメニューに加わる。

おまけに帰る際には大福餅が頂ける

夕食だって美味しいですよ綺麗だし。

夕食メニュー

逕サ蜒・2069_convert_20110930120914  逕サ蜒・2070_convert_20110930121417
逕サ蜒・2071_convert_20110930121956  逕サ蜒・2072_convert_20110930122700
逕サ蜒・2073_convert_20110930123200  逕サ蜒・2074_convert_20110930123859
逕サ蜒・2075_convert_20110930124401  逕サ蜒・2078_convert_20110930124905
逕サ蜒・2079_convert_20110930125400  逕サ蜒・2081_convert_20110930130035

お刺身は食べかけだったりします他に写真を撮り忘れて食べてしまった物も・・・。

朝食バイキング

逕サ蜒・2102_convert_20110930130917

逕サ蜒・2103_convert_20110930131737  逕サ蜒・2104_convert_20110930132719

この他にお雑煮、フルーツも食べました。

牛乳やヨーグルトドリンクも瓶のままで飲み放題というのが嬉しいです。

食事も二泊位して全種類食べつくしたいです

湯宿だいいち、従業員さんも感じ良く若いです。

以前は温泉犬のいっちゃんがいて癒されました

もう少し近ければいいのにな。











スポンサーサイト
     

湯宿だいいちの温泉

初めて入った新館の温泉

逕サ蜒・2082_convert_20110929204406

階段があり降りるともう1つ浴槽があります。

逕サ蜒・2085_convert_20110929205155

露天風呂

逕サ蜒・2087_convert_20110929205803

本館の温泉

逕サ蜒・2095_convert_20110929211115

露天の丸太風呂

逕サ蜒・2099_convert_20110929212440


本館の混浴露天風呂、川が流れています。

逕サ蜒・2097_convert_20110929211807

露天には他にも浴槽があり、女性側には宿泊客が利用できる岩盤浴もあります。

温泉は無色透明、含石膏食塩泉だそうです。

二泊位してゆっくり温泉を楽しみたいです
     

養老牛温泉湯宿だいいち

今宵のお宿、だいいちに到着

逕サ蜒・2106_convert_20110929183437

ここに宿泊するのは4回目

温泉も良いけど食事が美味しい、特に朝のバイキングが最高

運が良ければシマフクロウも見られます、紅子は50パーセントの確立です。

今回は7月オープンの新館に宿泊です

ロビーで座ってチェックイン、そしてウエルカムドリンクとお菓子。

逕サ蜒・2056_convert_20110929185431

本館2階から渡り廊下を通り

逕サ蜒・2092_convert_20110929190719

新館2階からエレベーターで1階浴場の隣のお部屋。

お部屋入り口のライト

逕サ蜒・2065_convert_20110929191855

散らかす前にお部屋の写真を撮っちゃいましょう

逕サ蜒・2061_convert_20110929193015

寝室

逕サ蜒・2060_convert_20110929193751

女性は浴衣が選べます

逕サ蜒・2059_convert_20110929194343

お互い普段は着ないであろう色を選んでみました。


     

開陽台

今宵の宿に向かう途中、ちょっと寄り道、中標津にある開陽台。

逕サ蜒・2048_convert_20110926210717


中標津には何回か来たけど初めてのお邪魔、目的はハチミツソフト。

逕サ蜒・2049_convert_20110926205232

ソフトクリームにハチミツがかかっているんですが、冷たいアイスでハチミツが硬くなっているんです。

それでちょっと舌触りが滑らかでない感じがあります。

味は良いですよ。

目的がアイスだった割には他に楽しい事もあったの

途中の道がジェットコースターみたいに上り下りの激しい道が楽しかった~

それに風が凄い強かった いつも強いのかな。


逕サ蜒・2050_convert_20110926211534

展望台から見ると地球が丸く見えました。




     

越川橋梁

R244を走っていると突然現れた橋梁、越川温泉の近くにある。

逕サ蜒・2043_convert_20110924160505

旧国鉄根北線の為に作られたが使用されることなく廃線になったようだ。

逕サ蜒・2046_convert_20110924161522

だんだん朽ち果てていくのかな。
     

越川温泉

R244沿いで白いドラム缶が目印らしい

ここも一度は行ってみたかった憧れの温泉

逕サ蜒・2042_convert_20110924131042

地元の方が管理しているそうです。

逕サ蜒・2041_convert_20110924131728

ドラム缶で出来た料金箱に200円支払います。

男性のお客さんはいましたが女性はいなかったので写真が撮れました

脱衣所

逕サ蜒・2040_convert_20110924132558

女性風呂

逕サ蜒・2036_convert_20110924133133

沢の水が注がれていますが熱いです。

でも入れましたよ、紅子も熱い湯には大分鍛えられました

窓もあり天井からも明かりが入ります。

逕サ蜒・2039_convert_20110924134024

休憩スペースもあり、おじさんがソファーに横になっていました。

また来年行きたいな。



     

斜里町民憩いの家

斜里町民憩いの家というだけあり町民しか入れないのかなと確認したところ

入れるよう

逕サ蜒・2035_convert_20110924122818

受付の女性もお客さんも話好き

「旅行中かい?  どっから来たの?」

「熱かったら水入れてもいいんだよ、無理すんな」

「おばちゃんね昔・・・」

と話しかけてくれる。

上ノ国町国民温泉保養センターで話しかけてくれたおばさんを思い出した

旅の暖かい思い出です。

写真は撮れなかったけどね




     

浜小清水駅

次に目指すは民宿原生亭さん、ナビで案内されるまま裏道を通って着いた

しかし今日は13時~とのこと

まだ2時間くらいある・・・今回はあきらめて次に進もう

とやってきたのは浜小清水の駅

逕サ蜒・2029_convert_20110923183223

自由にホームに出られる

逕サ蜒・2030_convert_20110923184853

電車が来ました~

逕サ蜒・2032_convert_20110923185428

着きました~

逕サ蜒・2033_convert_20110923185948

行っちゃいました~

逕サ蜒・2034_convert_20110923190536

乗ってみたいな。





     

りすの森

生ミルクソフトクリームに未練を残しながらやってきたのはここ「リスの森」

逕サ蜒・2024_convert_20110921142336

トリプルを頼んでみた

逕サ蜒・2023_convert_20110921143125

名前はすっかり忘れた

チョコレートに木苺がのっかていたのといちご系のと・・もう1つは忘れた

今度からメモしないとダメだな。
     

メルヘンの丘めまんべつ

メルヘンというだけあって可愛いお城の形

顔はめ

逕サ蜒・2014_convert_20110921132744

女満別はチーズ、しじみ、長いも、サクラ豚などが名物らしい。

「メルヘンぴっと」というフードコートに入り何か食べようと思ったが

まだ時間が早すぎたのか一箇所しかやっていなかった。

生ミルクソフトクリームが凄く気になったがアイスは次に行くところと決めていたので我慢。

揚げピザみたいなものを食べて小腹を満たしたが目は生ミルクソフトに釘づけだった。

この生ミルクソフト良く売れてましたよ。
     

稲富温泉稲富荘

まだ開いてもいない道の駅流氷街道網走とメルヘンの丘めまんべつに寄った。

メルヘンの丘めまんべつは美味しいものが沢山ありそうな感じ。

また後で寄ろうと決め稲富温泉へ向かった。

逕サ蜒・2021_convert_20110920204834

この看板がないとわかりづらいと思います。

温泉本によると8時~入浴出来ると書いてあったが9時~って張り紙が・・・

思い切って宿主さんに声をかけたら快く入れてくれた

お風呂まで案内してくれ「こっちの浴槽が温度が高くてこっちが少し低い・・うちは源泉かけ流しだよ」って自信満々だった  ここ選んで良かった~。

窓が大きくて日差しが入り込み明るいです。

食塩泉で緑茶色、内風呂だけです。

逕サ蜒・2015_convert_20110920210930

洗い場

逕サ蜒・2018_convert_20110920211418

木のぬくもりが暖かい感じですね。

宿泊も出来るので今度は宿泊で利用してみたいです。






     

能取岬

早起きして時間に余裕が出来ので、予定していなかった能取岬に行ってみた。

逕サ蜒・2013_convert_20110920202136

車が一台あったけど誰もいなかった、灯台の人の車かな

景色は良いけどここで車中泊するにはちょっと怖いと思いました。

     

能取湖

道の駅愛ランド湧別、サロマ湖に寄りサンゴ草で有名な能取湖へ

逕サ蜒・2012_convert_20110919194043

まだ、サンゴ草は早すぎたけど朝日が綺麗

逕サ蜒・2010_convert_20110919195250

早起きをしてちょっとお得感が得られました。

本州ナンバーの車で旅してるおじさんもここに立ち寄っていた。

車の後ろ、荷物いっぱいだった、きっとおじさんも車中泊なのかな。

紅子も退職したら荷物と猫を乗っけて何処か旅してみたいな

逕サ蜒・1505_convert_20110919201500

 車は嫌いだニャン

  ・・・。
     

かみゆうべつ温泉チューリップの湯

朝倉温泉を後に真っ暗な道をR238に向かい走る

21時まで開いている雄武の道の駅に立ち寄り上湧別に向かう。

左側は海なんだろうが真っ暗じゃ何も見えん

21時15分頃チューリップの湯に到着。

逕サ蜒・2000_convert_20110919134615

ここは22時までやっているのだ、券売機で入浴券を購入。

立派な休憩所

逕サ蜒・2003_convert_20110919135500

もう誰もいないかと思ったら親子が一組。

親子があがったら従業員さんが掃除を始めたのでお風呂の写真はなし

まあ、よくある塩素臭ありの綺麗系の温泉ですよ。

ここで気にいったのは凄い水量の打たせ湯、肩こりが軽減されました

今日はここで車中泊かな、もう少し進みたかったけど疲れちゃった

お風呂上りでポカポカだったけど、もう秋なんだな、寒くなり毛布とタオルケットをかけて寝ました

上湧別のキャラクター、チューピット。

逕サ蜒・2009_convert_20110919141539

朝起きたらお天気はバッチリ良かった

さあ、窓の結露を始末してレッツゴー




     

朝倉温泉

天気もいまいち、日も暮れて薄暗くなってきました。

次に行く温泉は数年来、紅子が行きたいと思っていた温泉の1つ

枝幸町歌登にある朝倉温泉。

雑誌にもあまり載っていないし情報も少ない、やっているかも危うい感じ

電話をして確認してみたところやっていた

迷いながらも何とか到着。

逕サ蜒・1989_convert_20110918154652

小さなロビーは一風変わった雰囲気。

サングラスをかけた鹿の置き物があったりする。

400円を支払い待ちに待った温泉へ

更衣室  ピンクの棚が可愛い

逕サ蜒・1999_convert_20110918155907

先客が一人いたけどすれ違いにあがってくれた。

浴槽  炭酸泉なのでブクブクさせないほうが良いと思うのですがブクブクしてます。

逕サ蜒・1995_convert_20110918160720

このブクブクを止めるスイッチがどこかにあるという話なのですが・・・

わかりませんでした

湯船に注げる蛇口をひねり温泉を飲んでみると確かに炭酸でした味は鉄味。

洗面器にためてみるとほらツブツブが

逕サ蜒・1996_convert_20110918162135

洗い場もあります

逕サ蜒・1994_convert_20110918163153

水風呂もありサウナらしきものもありましたがこのドアが小さいこと

あーっ楽しい来て良かった

すっかり長居してしまい、もう外は真っ暗でした。



     

せいわ温泉ルオント

台風12号が温帯低気圧に変わり、豊平川から水があふれそうな9月6日

「道北道東二泊三日一泊は車中泊だよ」の旅に出かけました。

札幌からR275を北上し途中、北竜の道の駅でソフト

ソフトの上にひまわりの花びらを素揚げしたものがのっています

逕サ蜒・1982_convert_20110918111346

さらに北上、初めて訪問の幌加内せいわ温泉ルオント。

残念ながら道の駅はお休み

でもスタンプは温泉に置いてあった 良かったねポンさん。

逕サ蜒・1983_convert_20110918112807

大浴場は大浴槽や寝湯、週替わりの薬湯やサウナがあり庭園露天風呂があります。

この露天風呂がすっごい鉄さび色。

体に付いた色はシャワーで流すだけでは落ちないんですよ

ちゃんと手で擦って流すなりタオルで擦って下さいね。

この露天風呂の写真だけでも撮りたかったのですがチャンスなし

気を取り直しスッキリしたあとは幌加内名物お蕎麦を食しましょう

塩蕎麦

逕サ蜒・1987_convert_20110918114539

あっさり塩だしにラー油が付いてきて、半分くらい食べてからラー油をかけてみた

変わりますね~。

それにしてもこの辺、すっごい大きな蛾がいるのですね、落ち葉かと思いました。

幌加内をあとにさらに北上、美深の道の駅に寄りました。

そしてまたアイス。

ブルーベリーととうもろこしのアイス。

とうもろこしはカップの下で見えません

逕サ蜒・1988_convert_20110918120534

とうもろこし美味しい~
     

小豆とドコモダケ

欲しくて貰ったドコモダケ、しまいっぱなしだった

今さら携帯に付けるのも古い感じ・・・。

猫ハウスに付けてみた

逕サ蜒・1969_convert_20110912094404

両手でキャッチ

逕サ蜒・1966_convert_20110912095033

片手でキャッチ

逕サ蜒・1967_convert_20110912101447

中からもキャッチ

逕サ蜒・1974_convert_20110912095855

上からも狙ってみました

逕サ蜒・1965_convert_20110912100630

飽きるのも早くもう見向きもしません

逕サ蜒・1975_convert_20110912102137



     

帰路

帰りもイーグルライナー号。

席は前から2番目の窓側。

行きは深夜で真っ暗だったので帰りは景色を楽しむ。

このバスは道の駅白滝で休憩タイムが10分ある。

さっそくソフトを買いに走る

逕サ蜒・870_convert_20110910095227

ちょっと黄色っぽいソフト、ミルク味です。

寒いけど美味しい

お休み中のイーグルライナー号、かっこいいーー

逕サ蜒・871_convert_20110910095945

札幌までよろしくね

今度はポテトライナー号で帯広に行き、温泉銭湯めぐりでもしようっと。
     

グリーン温泉

ホテルに戻り一休み。

さあ、また出かけよう

今度はホテル近くにあるグリーン温泉。

ここはビジネスホテルだそうです。

逕サ蜒・854_convert_20110903191243

地元のご婦人達らしき人が次々に入ってきて写真はなし。

ここもモール泉で茶系のお湯がドバドバ流れていました。

浴槽は2つに仕切られていて、洗い場にはシャワーが5~6個くらいあったような・・。

モール泉って十勝川温泉だけと聞いていたのですがあるんですね

今度はここに泊まってみようかな。
     

歩いた

港温泉山本旅館を出て宿泊先のホテルを目指す。

逕サ蜒・836_convert_20110901085625

あっあのホテルだ、チラッと見えてます。

釧網本線です

逕サ蜒・837_convert_20110901090405

逕サ蜒・838_convert_20110901090713

猫さん見つけた

逕サ蜒・842_convert_20110901091011

橋を渡り終えた頃に忘れ物に気づき、また今通ってきた道を戻りました

逕サ蜒・846_convert_20110901091504

やれやれ時間のロスです、もうすぐ着くところだったのに・・・。







プロフィール

紅子☆デラックス

Author:紅子☆デラックス
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR